2015年09月04日

自宅介護断念です、転院にしました・・無念です!

9月4日、、清瀬市役所、、保険年金課の高齢者保険係にて「入院食事費の軽減手続き」完了いたしました。

入院して半年が経過しますと適用されますね・・・。(^o^)
1食50円の軽減バツ1️3食=150円バツ1️30日=約4500円前後の軽減になりました・・・。
image.jpg

後期高齢者の皆さんの、、「3個の印籠」!(^o^)

1後期高齢者医療保険者証
2後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定書
3介護保険者証

この3個があれば、、一安心でございますよ・・・。σ^_^;


それにもまして、、よくよく考えてみたり悩みまくりの色んな選択枠を投げまくっております・・。
自宅介護の道は次男君を説得して断念させましたけど・・はたして三芳の森病院で打ち止めかな?もっと清瀬の近くに転院先病院がないものかと・・次男君が自転車で行ける距離がないもんかと・・。

('_')老健
に関する情報です('_')

清瀬リハビリテーションの看護師さんに、、「もう少し近くの老健を探してください」旨のお願いをいたしました・・。
「貴方のお母さんの場合は、、日頃うなり声が頻繁にあるんで、、受け入れ先が困難ですが・・あたってみますけど期待しないでください、、ダメな時はどちらか態度を決定してください。」・・と崖っぷちに追い込まれましたけれど・・それももっともな話だと思いました・・。((+_+))

されど・・病院任せではなくて、、自分でもできる限りの事はチャレンジしてみたいと思いました・・。
か〜さんにとっても僕らにとっても”共に過ごす”限られた大切な時間なので・・・。


あの、、悲惨にもナチス犠牲者となった・・Anne Frank (アンネ・フランク)1929〜1945の日記に・・。 -
A good hearty laugh would help more than ten Valerian pills.
(薬を10錠飲むよりも、心から笑った方がずっと効果があるはず。)
少女の言葉とは思えないほど・・強烈な・・天使のコトバがございます・・。\(◎o◎)/!


アンネ.JPG


ボクも、、か〜さんと接している時・・その瞬間も二度と帰ってこない貴重な一時と深く心に刻みまして・・寅さんの物マネをしたり、冗談をかましたりして母の笑いをさそっております・・。
か〜さんだけではなく他の患者さんや看護師さんも笑ってくれます・・そのわずかながらの瞬間も生きている喜びを感じてくれてると自我自賛している次第です・・白い目で見る人がいようがいまいが・・・。


つづく

ダウンダウンダウン
             








posted by タクウイナム at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★他の商品ものぞいてください・ここをクリック★