2015年12月30日

年の暮れや、新年や母不在・・両親なしのこの胸中、、 12月29日、、今年最後の「ガスブロ」タイムでございます、、・・・。

12月29日、、今年最後の「ガスブロ」タイムでございます、、・・・。

か〜さんが、、今年1月30日に倒れ救急車で病院へσ(^_^;)・・・闘病生活をともにして、、早一年が過ぎようとしております・・・。
本当に、、辛い一年でありました・・対病院との交渉!担当医との話合い!見舞いに訪れる親戚の方との対応、、母との看護ゴッコ、、市役所との手続き、、そして自分との葛藤の日々、、などなど、、人が一人倒れると言う事は、、もう、、自分の領域や次元を超えて、、「既成事実」として一人歩きしてる、、立派な人格者でありまして、、決して母親と言えども自分の物ではない事を思い知らされました・・・・。(−_−;)
ここで、、長田弘さんの、、『アメイジングツリー』と題された詩を紹介します。
『人はほんの短い時間を土の上で過ごしているに過ぎない、、仕事して、愛して、眠って、ヒョイとある日姿を消すのだ、、人は大きな木の中に・・・・。』
いゃあ〜強烈な、、確信を得た強烈な響きで有りました・・・・。(O_O)

ラストホスピタル最後.jpg

('ω')長田弘さんの情報です(◎_◎;)
    
長田弘

最後の詩集.JPG



そして、、3月に亡くなった桂米朝さんが生涯胸に刻み続けてた師匠米団治の教え。『芸人は、釘一本もよう作らんくせに、酒が良いの悪いの言うて、好きな芸をやって一生おくる。芸を磨く以外世間にお返しする道はない。』

(◎_◎;)桂 米朝さんの情報です(/_;)
    
桂米朝
桂米朝.JPG


それぞれ、、意味が深すぎて、、でも、、そんな胸中がチョイと理解出来てしまう自分が今やヤバイと思います・・・・。σ(^_^;)

自分の母親を見てではありますが、、病床で生死を彷徨って、日夜奮闘してる本人や、主治医さん、看護師さん、そして見舞いに来てくださる方がたに、、ホントに敬意を表します・・・。

別に、、僕のか〜さんは、、芸人でもなんでも無いその辺に転がってる普通の母親でございます・・。
でも、、仕事とは言え誠心誠意母親の病状を感知して適切な処置を施して下さる先生や看護師さん、、そして、、実の姉とはいえども自身肺癌を患いながらも遥々遠い新潟から事ある度に見舞いに来てくださる母の妹さん、、なんだかんだと口うるさいながらもも見舞いに来てくださる東京の母方の親戚の皆様、、本当に今年はご迷惑をお掛けしました・・・感謝感激雨あられでございます・・・・。m(._.)m

ただ、、危惧しますのは、、30日から新年の4日まで、主治医がおりませんでして、、当直医と数少ない看護師の体制との事でございます・・・この間がなんかとっても不安でございます・・・。(−_−;)

只、、ひたすら、、か〜さんの日々の無事を祈って過ごすしか方法がございません・・・。


それでも、、母が倒れてから、、今年最後の締めでございます・・・。

母が頭を打って、、救急車で搬送され、、お世話になった清瀬武蔵野クリニックさんありがとうございました・・・・。
・・そこから、、転院させて頂きタイムリーな処置を施して下さった小平公立昭和病院の皆様本当にお世話になりました、、喧嘩もしましたけど、、有難うございました・・・・。
・・・昭和病院の紹介で転院、、役8ケ月に渡り母のリハビリで誠心誠意お世話になつた清瀬リハビリテーションの皆様有難うございました・・・・。
・・・滑り込みセーフで、、ショートステイをさせて頂いた、、東所沢千寿の里特別老人ホームの皆さん粋な計らいに感謝いたします・・・。
そして、、最後の母の着陸の惑星である、、東所沢病院の皆様これからも何かと面倒ご厄介の程、、お見知り置きと覚悟のほど、、見苦し気面体お見知り置きのほど宜しくお頼み申します・・・・。

つづく


ダウンダウンダウン
             
















posted by タクウイナム at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

★他の商品ものぞいてください・ここをクリック★