2017年02月26日

か〜さん『騎士団長殺し』。。。は『共産党宣言』???

3月5日、、三茶ジョナサンでのブログです。
キャロットのTSUTAYA、、当然寄ってチエック、。(*^_^*)

悩ましいタイトルでの何年ぶりかの新刊本、、。

つつもたせ感ありなタイトル、、、村上春樹の新作『騎士団長殺し』??。。。
そもそも読んでて冒頭が、、カールマルクスの『共産党宣言』、、のような〜〜ファーストギア!
読者殺し.jpg

ですが、、。
ハルキストの皆様は身心無垢清浄にして一切の汚れを受けることなく読み切ってしまわれるでしょうね・。
狡猾にして異色な作家だと思いますね。
読者の心理を見事なまでに見透かしたストーリーの展開にはたしかに脱帽してしまいます。

読み手である、私たちの心の丈が届くように形として、、必ず布石を打った展開にしてくれます。
サービス精神旺盛でこの上なく親切な小説家だと思います。
想像するに、、こりゃ〜!、、書き上げ後に、、タイトルをつけたんじゃないかな〜〜あ。

小説とはホントに不思議なもんです。読み終わった後に心の安らぎと満足感と安堵感を与えます。
映画とかコミックなどと違って達成感をも味わえます。
、、例えれば、、旅行者みたいなものでして、、旅先でのサプライズにワクワクする気分に似ております。
文字を通して心の旅をさせてくれんるんですね。
格闘技と似ております、、書き手の挑戦を受け読み手のボクらが戦いを挑みます、、。
ここまでお前と時間で対峙してるんだから我らの期待を裏切ったら二度とお前の本は買わないぞ!!
、、とと春樹オヤジに挑み、、ことごとく最初の勢いはどこへやら、、彼の文章の虜になってしまい病んでしまいます、、。

卑劣きまわりない物書きであります、、村上春樹、、まいりました〜〜あ。。。。


そう言えば、、母の介護の1年半も同じでした、、母は村上春樹のような作家みたいだったと思います。
介護と言うカテゴリーを通してボクにワクワク感と思い出を綴ってくれました。

日増しに、、病床で衰えていくか〜さん!!
、、それを日々確認して行く事の辛さ、、親子と言う重さと切なさをこれでもかこれでもかと味あわせてくれました。
そして、、病院と言う場所の虚しさと儚さと無意味さを悟らしてくださいました、、。
か〜さん、、ありがとうございました。
・・・あなたは、、家族の根源であり、、ボクらの喫茶店でありました・・。

(^_-)-☆村上春樹盛り沢山情報です。
    

村上春樹


つづく



格安航空券をのぞいてね!
 ダウンダウンダウン
             





posted by タクウイナム at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生と夢は友達、、。

2月26日、、『現実と妄想に目覚めても目覚めなくても夢うつつ・・。』
・・・近頃現実と夢の境目が定まりません、、夢が現実なのか現実が夢なのか、、。
過ぎし過去の夢が何度も巡りつつもしっかりと現実とつながっていたりとか、、。
スヌーピー.JPG
夢とは摩訶不思議なもんです、、失敗と成功、、勝者と敗者、、挫折と栄光、、。
金銭と言う物差しでそこそこ定義が出来たとしても空しいもので心の確定ができません・・ですが夢はそれを肯定も否定もしません、、。
空気のようであり又は生に対する容赦ない訴えのようでもあります・・。

生きていく限り夢も終わりがないんでありましょうか!?
母も生前は病院のベットの上で何度も何度も魘されて叫んでいたことがございます。
病に侵されていようとも夢は見るんですね、、健康で平穏だった過ぎ去りし日々がとうとうと母の脳裏に何度もよみがえっていたのかもしれません、、・・。|д゚)

『神よ憐れみを我に分布すべし』人間で生きてきて人間として死んでいった、、母に、、一時の心の安らぎは与えられたんでありましょうか!?

中島みゆきさんの歌【糸】に、、。

『なぜ めぐり逢うのかを 私たちは知らない

なぜ生きてゆくのかを 私たちは知らない

迷った日の跡のささくれ

縦の糸はあなた横の糸は私』

・・・あまりにもズバリ切り込んでいる詩でありまして、、心にしみこんでしまいます・。
どうしても人間は形のあるものに頼りすがってしまい生きている意味知らずに日々物欲に身をを削って過ごしております・・。
母や他の人のように人生の終焉を迎えるそのときに、、初めて生きてきた意味を知るのかもしれません・・。
縦横の糸のようにうまく織りなすことがままならず、、絡まったりほつれたり繰り返しかもしれません。
ですが、、死ぬ時に、、一瞬にして糸の絡まりやほつれがなくなり心穏やかにあの世へと旅立てるのかもしれませんね、、。。。

(._.)訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ
    

訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ


つづく



格安航空券をのぞいてね!
 ダウンダウンダウン
             





posted by タクウイナム at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

何処に行くのよ北朝鮮、、。

2月23日、、シャロックホームズも驚きのキムジョンナム김정남暗殺事件!(;゜0゜)
数少ない友好国マレーシアも愛想つかしたんでありましょうか?
どんな結末になっていくんでありましょうか、、、。
ハリマオ完成.jpg
いかんせん、、ボクの姉が住んでいる国であります。約48年ほど前に騙されて帰国、地獄の生活を強い入られております。拉致被害者の気持ちも理解できます。
、、、この国の貴重な外貨資源の役割を背負っております。我々が日や物資金銭面で仕送りをしておりますんで、でないと姉たちは生きていけません。
仕事もなく日常の生活がままなりません。生活必需品を手に入れるにはドルや日本円などの外貨じゃないとダメなんですもん、、外貨があれば外人向けのマーケットでほとんど手に入れることが出来ます。
おかしな事に北朝鮮の金ウオン원では何にも買えないに等しいんでありますね。

考えてみれば、、本当に不幸な運命をたどってきてる民族であります。
かっては日本の植民地、終戦後はアメリカとソ連の都合で真っ二つに分断され、あげくに朝鮮戦争、、今なお異なった制度で今日まで続いてる悲劇!

この狂気の国を、、育てたのはソ連(ロシア)でありアメリカや中国でもあります。
悪戯に緊張を煽って武器や弾薬を売りまくりお金を儲けてきたんですね、彼らは、、。
常に緊張状態を維持させることで、アジアの安全を守るとかなんとか言って韓国や日本に武器を売りつけて儲けている国がアメリカなんですね。

煽るだけ煽っておいて手がつけられないヤンチャになってしまった北朝鮮に手を焼いているのがロシアであり中国でありアメリカじゃないでしょうか?!(;^_^A
、、、ホントに責任を最後までとってほしいもんです、、おかげでボクらや姉や拉致被害者が迷惑しております。

こんな大国の事情でなんでボクの姉や拉致被害者が犠牲にならなきゃいけないの〜〜お、、。
母の死に目にも葬式にも立ち会うことができなかった姉さん達、、時々胸がかきむしられる程せつなく感じる時がございます。

(;゜0゜)北朝鮮の帰国者の実態


北朝鮮の帰国者


(◎_◎;)おもしろ情報です・・。
    

おもしろ満載情報

つづく



格安航空券をのぞいてね!
 ダウンダウンダウン
             





posted by タクウイナム at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★他の商品ものぞいてください・ここをクリック★